美容

紫外線の量と陽焼けの影響について

Posted On 10月 31, 2016 at 6:29 pm by / 紫外線の量と陽焼けの影響について はコメントを受け付けていません。

紫外線に含まれているA波は、窓ガラスを通る特徴を持ってるために、家にいる時にでも日に焼ける可能性があるのです。紫外線には、A波・b波があります。B波は雨の日等天候で増減するのですが、それでも外に降っている紫外線の1つであります。

1年の内に、紫外線の量が最も高いのは5~9月であるといわれています。5月の日光はまだ真夏のような強さがないので、まだ紫外線の対処は考えなくていいと考えるひとも一杯いる様なんです。少しずつ服が増えて、袖の丈や、パンツが短くなってきますので、こんな時こそ紫外線の対処法がたいせつになるんです。

汗をかいてしまうことも、夏の紫外線対策で意識したいとこですよね。日焼け止めは汗で流れてしまうことがあるので、しょちゅう直して、日焼け止めのクリーム作用をキープしましょうね。

紫外線を遮断してくれる作用がどの位あるのかは、日焼け止めによって異なる為、SPF値などを参考に、自分に丁度良いものを見つけましょう。SPF値の大きい日焼け止めクリームを一度に多量に塗っておくより、数が小さいものを頻繁につけたほうが日焼け止めのクリームの効能がいいと言われます。

日焼け止めのクリームを付ける時は、肩や、鼻、額のような、紫外線を受けている所は、頻回に付けてくださいね。

午前10時から、午後2時までは、紫外線が一番多量ということを考えて家を出るようにすると良いでしょう。紫外線の多い季節のみではなく、年間を通し、紫外線対策を気にする事が皮ふのためなのです。